魚をあげたいのではなく、魚の釣り方を教えたいのです

サロン集客アカデミー主宰
三上ゆりなです。

 

風水ネイルスクールと
サロン集客アカデミーの2つを主宰していますが、
あえてすぐに生徒から聞かれたことの
正解を教えていません。

私が正解を教えるのはとても簡単です。
色々な操作も、私がやった方が早いです。

 

でも。

私が全てやってしまったら、
私が生徒から聞かれたことに、
全てすぐに正解を教えてしまったら。

私がいなくなった時に
その生徒は何も出来ないままです。

 

なので、
私はすぐに正解(一つではない)を伝えません。
まず生徒自身が調べたり、
考えたりするように、
(たくさんある)正解にたどり着けるような
ヒントを伝えます。

これは私にとっても、
生徒にとっても、
時間のかかる作業です。

 

しかし、
これをやらないで、
生徒が考えたり、
試行錯誤する機会を
私が奪ってしまうと、
結局育たないのです。

 

一見遠回りですが、
この考える、
自分で調べる作業をさせていることは、
私からの生徒への愛です。

 

お腹が空いている人に、
魚をあげるのは簡単です。

でも、
その魚がなくなった時、
魚をくれる人がいなくなった時、
その人は飢えて死んでしまいます。

そうならないために、
私は魚の釣り方を教えたいのです。

 

魚の釣り方を習得するのは、
一朝一夕には出来ません。
時間もかかるでしょう。

 

投げ出したくなる事もあるでしょう。

でも、
魚の釣り方を覚えることは、
一生の財産になるはずです。