弱さは生き方を変える力にもなる

本日は、
ちょっと番外編的な
箸休めで書いてみました。

 

私事ですが。。。

私は4年前に
当時働いていた
ネイルサロンから
独立したのですが、

お客様も
着いてきて
下さったし、

全然
経営に対して
何の心配もしていなかった。

 

でも、
すぐに気付いた。

私は
ネイルのプロだけど、
経営のプロではない。

言ってしまえば、
それは私の
弱み。

 

頭では分かっているけど、
自分が経営のプロでない事を
認めたくない
自分がいたの。

でも
数字は現実的で。

その
自分が出来ないという事を
認められない
それも弱さ。

 

でも
勇気を出して、
それを認めてみた。

そしたら、
周りの人に
素直に助けを求められるようになって、
素直に聞けるようになって、
なんか
楽になったの。

 

あの時に、
自分は弱いんだって
認めた事で、
それを受け入れた事で、
少し
生き方変わったのかな、

と、
今は思っております。

 

今も
弱い所
たくさん持っているけど、

でも
その
弱い所を持っている事を
自分で
認識して
認められるように
前よりはなったから、

それだけでも
進歩なのかな。