出来る自分でいたいなら

言い訳しちゃう現象をやめる事。
何かの、
誰かのせいにしない事。

 

分かりやすい例を出すならば。。。

『Facebookの集客は
私と合わないので出来ないんです』
→私と相性の合うツールがあれば
集客出来るんです。

『子供が小さいからムリなんです』
→時間の自由が効けば出来るんです。

『あのコンサルたいした事なかったから』
→コンサルの腕が良ければ、
私は結果が出るんです。

 

こういうのって、
全部
一見ごもっともなカンジだけど、

もし、
その出来なかった理由が
なくなったとしても
本当に『出来るかどうか?』は
誰にも分からない。
未知。

 

もっともらしい
理由を付けることで、
『出来るけど、出来ない自分』で
いられるから、

何かの
誰かのせいにすることで、
『頑張らなくて良いから』
『努力しなくて良いから』
『チャレンジしなくて良いから』
便利だから、
こういう言葉が出てきちゃう。

 

やる人は
どんな状況でもやるし、
やる人は
どんな状況でも何かを吸収する。

 

出来なかった自分に
なりたくないから
◯◯だったから出来なかった
=(イコール)
本当は出来る自分でいたいだけ。

(本気だしてないだけ、的なw)

 

出来ないと恥ずかしい??

そもそも何をもって
『出来ない』なのか?

その定義は??

 

私は他人からみたら
『出来てる』と言われる事が
多いけど、
自分では不甲斐なさを感じているから

 

自分の中で
『出来てる』
or
『出来てない』
を問われたら、
私の自己評価は『出来てない』。

なんだけど、
出来なくても
『では、出来るためには
どうすれば良いのか?』を
模索して、
次の手、
次の行動を決めている。。。

 

ただそこにある
主観のない事実に対して
自分が何を考え、
どういう行動を取るか?
決めるだけ(^^)